メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企画展

高校生が鑑賞ガイド 県立美術館で音声解説 高知中央・放送部の録音好評 /高知

高校生が作品紹介をする音声ガイドの機器=高知市高須の県立美術館で、北村栞撮影

 1980年代に活躍した作家の絵画を集めた企画展「ニュー・ペインティングの時代」が県立美術館(高知市高須)で開かれている。今回は県立美術館で初めての試みとなる高校生の音声ガイドを取り入れ、無料で利用できる。【北村栞】

 「ニュー・ペインティング」は70年代終わりから80年代にかけて世界各地で興った芸術潮流で、神話や主観を織り交ぜた物語性のある作品が多い。荒々しい筆のタッチや鮮烈な色遣いも特徴の一つ。バスキアやシュナーベルの作品など21点を展示している…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 下船後に新型コロナ陽性続出「事後対応強化している」 菅官房長官会見詳報

  4. 中国、日本に新型コロナの検査キット提供 「ウイルスとの戦いに国境はない」

  5. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです