メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「平成」経緯文書

公開延期 改元事務へ影響配慮

 1989年1月に元号を「平成」に改めた経緯の記録文書を国立公文書館へ移管する時期に関し、内閣府は今年3月末の移管期限を延長する。延長期間は少なくとも1年で、長くとも数年程度となる見通しだ。公文書館に文書が移管されれば原則公開となる。

 延長の根拠は、公文書管理法と同施行令で、行政機関が文書の開示請求を受けて開示または不開示の決定をした翌日から1年間は、その文書の保存期間を延長しなければならないと定めているため。報道機関などによる開示請求は今年に入ってからも行われており、引き続き開示または不開示の決定を出していく。

 内閣府は、これまで情報公開請求を受けても文書を開示していない。今回の改元事務に影響を与えることなど…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. ORICON NEWS 中居正広、3年半ぶり『ワイドナショー』出演 松本人志「変な感じ」
  4. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  5. 「4回転半は試合で飛ばないと意味ない」羽生結弦の一問一答(下)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです