メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「平成」経緯文書

公開延期 改元事務へ影響配慮

 1989年1月に元号を「平成」に改めた経緯の記録文書を国立公文書館へ移管する時期に関し、内閣府は今年3月末の移管期限を延長する。延長期間は少なくとも1年で、長くとも数年程度となる見通しだ。公文書館に文書が移管されれば原則公開となる。

 延長の根拠は、公文書管理法と同施行令で、行政機関が文書の開示請求を受けて開示または不開示の決定をした翌日から1年間は、その文書の保存期間を延長しなければならないと定めているため。報道機関などによる開示請求は今年に入ってからも行われており、引き続き開示または不開示の決定を出していく。

 内閣府は、これまで情報公開請求を受けても文書を開示していない。今回の改元事務に影響を与えることなど…

この記事は有料記事です。

残り518文字(全文827文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 金融庁、わずか10日で削除「年金の水準が当面低下」などの表現
  3. 「香港人はあきらめない」 デモ参加の「民主の女神」周庭さん、東京で逃亡犯条例改正の撤回訴え
  4. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  5. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです