特集

旧優生保護法を問う

旧優生保護法下で不妊手術を強制された障害者らの記録に関する毎日新聞の全国調査で、強制手術を受けた人の約8割に当たる1万2879人の資料が確認できなくなっていることが判明した。「記録のない被害者」をどう特定し、救済につなげるか。

特集一覧

旧優生保護法

強制不妊 一時金320万円に 与野党が救済法案決定

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
強制不妊手術の被害者への一時金支給に関する救済法案について記者会見する(左から)田村憲久氏、尾辻秀久氏、西村智奈美氏、福島瑞穂氏=衆院第2議員会館で14日、宮間俊樹撮影
強制不妊手術の被害者への一時金支給に関する救済法案について記者会見する(左から)田村憲久氏、尾辻秀久氏、西村智奈美氏、福島瑞穂氏=衆院第2議員会館で14日、宮間俊樹撮影

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を受けた障害者らへの救済法案を、与野党が14日決定した。被害者には320万円の一時金を支給し、前文に被害者が手術などで心身に多大な苦痛を受けたことへのおわびを明記。4月中の成立・施行を目指し、同月初旬にも国会に提出する。

 被害者が国に賠償を求めている訴訟は全国7地裁で係争中だが、被害者の高齢化などを考慮し議員立法による救済を図った。法案作成に当たった与党ワーキングチーム(WT)と超党派議連の合同記者会見で、与党WT座長の田村憲久・元厚生労働相は「大変な思いをされた方々にしっかりおわびし、国会としての意思を示したい」と述べた。

 調整が最後まで難航した一時金の額は、1999年に被害者救済の仕組みを作ったスウェーデンに準じることにした。同国の補償金額17万5000クローナを今の日本の貨幣価値に置き換えると300万円前後になり、高く算定した場合の312万円の端数を切り上げた額にした。

この記事は有料記事です。

残り406文字(全文822文字)

【旧優生保護法を問う】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集