メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊 一時金320万円に 与野党が救済法案決定

強制不妊手術の被害者への一時金支給に関する救済法案について記者会見する(左から)田村憲久氏、尾辻秀久氏、西村智奈美氏、福島瑞穂氏=衆院第2議員会館で14日、宮間俊樹撮影

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を受けた障害者らへの救済法案を、与野党が14日決定した。被害者には320万円の一時金を支給し、前文に被害者が手術などで心身に多大な苦痛を受けたことへのおわびを明記。4月中の成立・施行を目指し、同月初旬にも国会に提出する。

 被害者が国に賠償を求めている訴訟は全国7地裁で係争中だが、被害者の高齢化などを考慮し議員立法による救済を図った。法案作成に当たった与党ワーキングチーム(WT)と超党派議連の合同記者会見で、与党WT座長の田村憲久・元厚生労働相は「大変な思いをされた方々にしっかりおわびし、国会としての意思を示したい」と述べた。

 調整が最後まで難航した一時金の額は、1999年に被害者救済の仕組みを作ったスウェーデンに準じること…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「4回転半は試合で飛ばないと意味ない」羽生結弦の一問一答(下)
  5. 「今、一番したいのは練習」羽生結弦の一問一答(上)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです