メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

布施広の地球議

米国の「怨念」とは?

 1979年のイラン革命から40年。ある会合で国際政治が専門の渡辺靖慶応大教授のお話を聞いて、「米国の怨念(おんねん)」という言葉に興味をひかれた。「怨念」は通常イラン側が米国に対して使うと思い込んでいたからだ。

 革命の立役者・故ホメイニ師(最高指導者)は冷戦の真っただ中に「西(米国)でも東(ソ連)でもない」とイスラム至上主義を唱え、イランのイスラム教徒を「抑圧される者=被抑圧者(モスタザーフィン)」と規定した。

 米ソなどの大国が国際秩序を牛耳る中、イランのような国は絶えざる抑圧・搾取を受けてきたという趣旨である。だからホメイニ師が「大悪魔」と呼ぶ米国に対しては、特にイランの積年の恨みがあると考えるべきだろう。

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文975文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. JR東海が初の赤字、1920億円予想 新幹線利用の激減響く

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

  5. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです