メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

布施広の地球議

米国の「怨念」とは?

 1979年のイラン革命から40年。ある会合で国際政治が専門の渡辺靖慶応大教授のお話を聞いて、「米国の怨念(おんねん)」という言葉に興味をひかれた。「怨念」は通常イラン側が米国に対して使うと思い込んでいたからだ。

 革命の立役者・故ホメイニ師(最高指導者)は冷戦の真っただ中に「西(米国)でも東(ソ連)でもない」とイスラム至上主義を唱え、イランのイスラム教徒を「抑圧される者=被抑圧者(モスタザーフィン)」と規定した。

 米ソなどの大国が国際秩序を牛耳る中、イランのような国は絶えざる抑圧・搾取を受けてきたという趣旨であ…

この記事は有料記事です。

残り717文字(全文975文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  2. ORICON NEWS 金子ノブアキ、RIZEメンバー2人の逮捕を謝罪「更生を願う」 金子賢輔容疑者は実弟
  3. 参院選、投票率前回下回る 22日未明に大勢判明
  4. あなたの参院選 なぜ8時に当選確実が出るの? テレビ選挙報道の舞台裏
  5. 参院選投票日にあたっての各党の声明 全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです