メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

平成とは 変転した教育行政 「想像力」を次代も心に=玉木研二(客員編集委員)

地場産業を学ぶ総合学習。高校生(右)のアドバイスを受け、スギを伐採する小学生=鳥取県の演習林で2004年5月

 戦前戦後3世代にわたる欧米4家族の苦難と流転を描いたフランス映画「愛と哀しみのボレロ」(1981年)。冒頭にアメリカの女性作家、ウィラ・キャザーの言葉が引かれる。「人生には二つか三つの物語しかない。しかし、それは何度も繰り返される。その度ごとに初めてのような残酷さで」

 この言葉に、繰り返されてきた教育をめぐる論争やあくなき制度改変を連想した。その時々に振り回される子供たちには「酷」なことだろう。

 平成の時代でも、30年の間に教育政策や制度はグルグルと目まぐるしく変転した。

この記事は有料記事です。

残り1787文字(全文2026文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  3. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  4. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  5. 九州豪雨・被災者の証言 熊本・球磨村その1 「自分の身は自分で守って」未明の防災無線

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです