メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

平成とは 変転した教育行政 「想像力」を次代も心に=玉木研二(客員編集委員)

地場産業を学ぶ総合学習。高校生(右)のアドバイスを受け、スギを伐採する小学生=鳥取県の演習林で2004年5月

 戦前戦後3世代にわたる欧米4家族の苦難と流転を描いたフランス映画「愛と哀しみのボレロ」(1981年)。冒頭にアメリカの女性作家、ウィラ・キャザーの言葉が引かれる。「人生には二つか三つの物語しかない。しかし、それは何度も繰り返される。その度ごとに初めてのような残酷さで」

 この言葉に、繰り返されてきた教育をめぐる論争やあくなき制度改変を連想した。その時々に振り回される子供たちには「酷」なことだろう。

 平成の時代でも、30年の間に教育政策や制度はグルグルと目まぐるしく変転した。

この記事は有料記事です。

残り1787文字(全文2026文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです