メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

EU離脱延期、きょう可決へ 下院「合意なき離脱」拒否

EUからの「合意なき離脱」を拒む政府案の可決後、英下院で演説するメイ首相(手前)=13日、ロイター

 【ロンドン矢野純一】英下院(定数650)は13日夜(日本時間14日早朝)、欧州連合(EU)からの「合意なき離脱」の回避を求める採決を行い、賛成321、反対278の賛成多数で可決した。14日(同15日未明)の下院では離脱期限の29日の延期を巡る採決が行われ、延期を可決するのが確実とみられている。一方、メイ首相は離脱の延期を最短期間に抑えるため20日までに再度、合意案を下院にはかる意向を明らかにした。

 13日の採決の結果、離脱期限を延期した場合でも合意なき離脱は回避されることになる。採決には法的拘束力はないが、政府は結果を尊重しなければならない。

この記事は有料記事です。

残り892文字(全文1167文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岐阜と長野に大雨特別警報 レベル5、最大級の警戒を

  2. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  3. 伊藤詩織さんへのデマやバッシング 荻上チキさんの70万件分析で見えた傾向

  4. 大宮・南銀のキャバクラ全従業員にPCR検査へ 100軒が対象 さいたま市

  5. 3歳娘を自宅に8日間放置し死なす 育児放棄の疑いで母を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです