メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金正男氏殺害

判断割れた理由示さず 公判、フオン被告は続行

マレーシア・クアラルンプール近郊の高裁を後にするフオン被告(中央)=14日、ロイター

 【ジャカルタ武内彩、バンコク西脇真一】北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏が2017年2月にマレーシアの国際空港で暗殺された事件で、マレーシア検察は14日、殺人罪で起訴したベトナム人のドアン・ティ・フオン被告(30)について起訴を取り下げないと表明した。フオン被告の裁判は4月以降に再開される。検察は11日、同罪に問われたインドネシア人女性の起訴を取り下げたが、2人に対する判断が分かれた理由を明らかにしていない。

 フオン被告はこの日、クアラルンプール近郊の高裁で、検察の判断を聞いてショックを受け、傍聴していたベ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. ORICON NEWS 中居正広、3年半ぶり『ワイドナショー』出演 松本人志「変な感じ」
  4. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  5. 「4回転半は試合で飛ばないと意味ない」羽生結弦の一問一答(下)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです