メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金正男氏殺害

判断割れた理由示さず 公判、フオン被告は続行

マレーシア・クアラルンプール近郊の高裁を後にするフオン被告(中央)=14日、ロイター

 【ジャカルタ武内彩、バンコク西脇真一】北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏が2017年2月にマレーシアの国際空港で暗殺された事件で、マレーシア検察は14日、殺人罪で起訴したベトナム人のドアン・ティ・フオン被告(30)について起訴を取り下げないと表明した。フオン被告の裁判は4月以降に再開される。検察は11日、同罪に問われたインドネシア人女性の起訴を取り下げたが、2人に対する判断が分かれた理由を明らかにしていない。

 フオン被告はこの日、クアラルンプール近郊の高裁で、検察の判断を聞いてショックを受け、傍聴していたベ…

この記事は有料記事です。

残り644文字(全文926文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  2. クマに襲われ男性2人重傷 猟友会員らがクマ射殺 新潟・魚沼

  3. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  4. ネカフェ生活6年の男性に重い2% また路上生活か…とかすむ夢

  5. 渓流釣り中 クマ襲撃、空手高段者 目つぶしで撃退 群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです