メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米産牛肉

輸入ヒヤヒヤ セーフガード発動基準迫る 農水省、貿易交渉への影響警戒

セーフガード発動は米国産牛肉に大きな影響を与える=米コロラド州で、小島正美撮影

 外食用やハンバーグなどの加工品に利用される冷凍牛肉の輸入量が増加し、関税を一時的に引き上げる緊急輸入制限(セーフガード)が発動されるかどうかが注目されている。発動されれば環太平洋パートナーシップ協定(TPP)を離脱した米国産の関税が引き上げられることになる。4月にも始まる日米貿易交渉で米側の圧力が高まるおそれがあり、関係者は神経をとがらせている。【加藤明子】

 吉川貴盛農相は12日の記者会見で、国内に在庫が十分にあるため輸入業者が2~3月は通関を控えるとの見…

この記事は有料記事です。

残り1020文字(全文1251文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  3. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  4. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  5. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです