メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

経済政策の新本命、最低賃金制=経営共創基盤CEO・冨山和彦

 政府が市場経済に働きかける伝統的な経済政策の一つとして金融政策がある。アベノミクスの「大胆な金融緩和」もその一つである。これは政策金利などを通じて金融資本市場における価格形成に政府部門が介入する政策だが、経済学者、典型的にはマネタリストたちには好まれる傾向がある。

 しかし、近年は市場金利の長期低下傾向が続き、政策的な介入余地が縮小している上に、リーマン・ショック以降、世界中で金融緩和を継続しているにもかかわらず、顕著な政策効果を上げているとは言い難い。むしろ資産価格の上昇をあおって格差問題を深刻化しているという指摘も出ている。

 これに対して労働市場の価格形成に政府部門が介入する最低賃金制は、経済学者の間ですこぶる評判が悪く、…

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文704文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. ORICON NEWS HKT48村重杏奈、事務所と“本契約”報告「給料2万円上がりました」 恩人・指原も喜ぶ

  3. 青酸ソーダ流出の汚染、確認されず 台風浸水で長野市調査

  4. 全日本実業団女子出場権かけ28チーム激走 プリンセス駅伝20日号砲 福岡

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです