メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

忘れられた高齢者

/3 入所契約は後見人が

園内には、ここで生涯を終えた入所者たちの慰霊碑がある=群馬県高崎市で

 <本人の成年後見人として次の者を選任する>

 2014年12月、群馬県高崎市の国立重度知的障害者総合施設「のぞみの園」で暮らす知的障害者で認知症の泰夫さん(67)=仮名=のため、一人の成年後見人が前橋家裁高崎支部によって選任された。1981年末に母を亡くし、天涯孤独になって33年。選ばれた社会福祉士は、泰夫さんにとって初めての成年後見人だった。

 泰夫さんが入所した71年当時、日本の障害者福祉は「措置制度」と呼ばれる時代だった。誰がどの施設を利用するかの決定権は地方自治体にあった。大きな岐路は03年春に来た。障害者本人の意思を尊重するという理念の下、本人や保護者が選んだ施設と利用契約を結ぶ仕組みが始まった。

この記事は有料記事です。

残り616文字(全文922文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナで雇い止め 地下鉄売店勤務の女性、ゼッケンで抗議と客への感謝

  2. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  3. 「俺コロナだよ」家電量販店で叫んだ男を威力業務妨害容疑で逮捕 名古屋

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです