メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アイスホッケー

アジア・リーグ プレーオフ決勝 日本製紙、アジアV逃す 最後の公式戦飾れず

 【ユジノサハリンスク(ロシア)共同】アイスホッケー、アジア・リーグのプレーオフ決勝(5回戦制)は14日、ロシアのユジノサハリンスクで第3戦が行われ、レギュラーリーグ4位の日本製紙が同2位のサハリン(ロシア)に3-4で敗れ、優勝を逃した。今季限りの廃部が決まっている日本製紙は公式戦の日程が終了した。

 日本製紙は加藤の先制ゴールなどで一時は3-0とリード。だが、第3ピリオドに反撃を受けて追いつかれ、第1延長の終盤に決勝点を許した。

 1949年に十条製紙の釧路工場アイスホッケー部として誕生したチームは昨年12月、経営合理化の一環で…

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文691文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです