トヨタ、米工場に新規投資7.5億ドル トランプ氏はツイッターで喜び

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
トヨタ自動車の豊田章男社長=2018年5月、玉城達郎撮影
トヨタ自動車の豊田章男社長=2018年5月、玉城達郎撮影

 【ワシントン中井正裕】トヨタ自動車は14日、2021年までに米南部ケンタッキー州など米国内の計5工場に総額7億5000万ドル(約840億円)を新規投資すると発表した。同社は17年に100億ドルの対米投資を行うと表明したが、今回の発表分なども含めて21年までの投資額が計130億ドルに膨らむとしている。

 ケンタッキー州の完成車工場に2億3800万ドルを投じ、19年5月から高級車ブランド・レクサスのセダン「ES」のハイブリッド車を年間1万2000台程度生産。20年1月からスポーツタイプ多目的車(SUV)「RAV4」のハイブリッド車を年間10万台程度生産する予定。

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文573文字)

あわせて読みたい

ニュース特集