メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

合併銀行は「十八親和」に 20年10月発足 本店は長崎市

 十八銀行(長崎市)とふくおかフィナンシャルグループ(FFG)傘下の親和銀行(長崎県佐世保市)は、2020年10月に合併して発足する新銀行の名称を「十八親和銀行」とする方向で最終調整していることが15日明らかになった。新銀行の本店は長崎市の十八銀本店の場所に置く見通し。19日の取締役会で決定して発表する。

     十八銀は今年4月1日にFFGと経営統合し、20年10月に親和銀と合併する計画。県内1、2位と長年ライバル関係にあった銀行の合併で、地域に親しまれている双方の名称を残して融和を図る。早期に新名称を公表することで、顧客や地域に浸透させる狙いもある。

     1877年創業の十八銀は、銀行の設立順を名乗る「ナンバー銀行」の一つ。親和銀は1939年の設立時、海軍高官で首相も務めた米内光政が行名を揮毫(きごう)した。【久野洋】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
    2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
    3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
    4. 「4回転半は試合で飛ばないと意味ない」羽生結弦の一問一答(下)
    5. 「今、一番したいのは練習」羽生結弦の一問一答(上)

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです