メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NZでモスク銃撃 少なくとも9人死亡、負傷者多数 容疑者1人を拘束

 【ジャカルタ武内彩】ニュージーランドからの報道によると、南部クライストチャーチで15日、二つのモスク(イスラム教礼拝所)で銃撃があり、少なくとも9人が死亡、大勢の負傷者が出ているもようだ。

 午後1時40分(日本時間午前9時40分)ごろ、男がモスクで乱射し、少なくとも6人が死亡、数十人が負傷したという。またここから東に約5キロ離れた別のモスクでも何者かが銃を発砲し、死傷者が出ているとの情報がある。警察当局は容疑者1人を拘束し…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文535文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  3. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  4. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  5. 釧路、根室で震度4 震源は十勝沖、津波の心配なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです