メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NZモスク銃撃 死者40人に 首相発表

発砲事件の後、モスクの外で人々を遠ざけようと誘導する警官=ニュージーランド・クライストチャーチで2019年3月15日、AP

 ニュージーランド南部クライストチャーチのモスク(イスラム教礼拝所)2カ所で15日に発生した銃撃事件で、同国のジャシンダ・アーダン首相は死者が40人に上ったと発表した。

 モスクは金曜礼拝で大勢のイスラム教徒がいたもようだ。病院関係者は負傷者が50人に上る可能性があると話しているという。

 ニュージーランド・ヘラルド(電子版)は、モスクにいた男性の話として、中には約200人がいたと伝えた。男性は「礼拝中に銃撃が始まった。友人がまだ中にいるが助からなかったかもしれない」と話した。

 一方、オーストラリア国籍の28歳の男がインターネット上で長文の犯行声明ともとれる文章を投稿した。男はイスラム教徒や移民に対して強い反感を抱いていた。ネット上には、男がマシンガンを持ってモスク内に侵入し、礼拝中だった人に向けて発砲する動画も投稿された。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです