NZ警察、3人を拘束 「反移民感情」動機の可能性も モスク銃撃

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 【ジャカルタ武内彩】ニュージーランド(NZ)南部クライストチャーチで15日、2カ所のモスク(イスラム教礼拝所)で銃乱射事件があり、計49人が死亡し、約50人が負傷した。NZ警察は20代後半の男1人を殺人容疑で拘束、そのほか2人も拘束して関連を調べている。

 AP通信によると、NZのアーダン首相は記者会見で「事件は十分に計画されていたとみられ、テロ攻撃と言えるのは明確だ」と述べた。また、反移民感情が動機の可能性があることをほのめかした。

 NZ当局は当初4人を拘束したが、1人は無関係として釈放した。容疑者の身元や2カ所のモスクを実際に何人で襲撃したのかなどを明らかにしていないが、3人とも監視対象ではなかったと説明した。うち乱射を実行したと主張する男は、「攻撃には人種差別的な意味があった」と明らかにし、反移民を訴える70ページ以上にわたる声明文を残しており、そこでは自らを28歳のオーストラリア人の白人だと語っていたという。

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文1011文字)

あわせて読みたい

ニュース特集