ロボットトラクター走行、操作はタブレット 導入に向け走行

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
タブレット端末の指示に従い、自動で動くトラクター=姫路市夢前町宮置で2019年3月12日、幸長由子撮影
タブレット端末の指示に従い、自動で動くトラクター=姫路市夢前町宮置で2019年3月12日、幸長由子撮影

 兵庫県姫路市夢前町の農地で、無人で自動走行するトラクターの試験走行があった。トラクターは、あぜで人が操作するタブレットの指示に従って、田んぼの中を移動。導入予定の夢前夢工房の衣笠愛之(よしゆき)代表(57)は「効率化につながる」と期待を寄せていた。

 農家の高齢化や人手不足で、ICT(情報通信技術)を活用し、作業を省力化する「スマート農業」に注目が集まっている。夢前夢工房でも、今春の田植えから、ロボッ…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文505文字)

あわせて読みたい

ニュース特集