メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

過敏症の中学生卒業 テレビ電話で授業、級友と心通わせ 京都

教室で卒業証書を受け取る馬場真澄さん=京丹後市丹後町で2019年3月14日午前11時5分、塩田敏夫撮影

 京都府京丹後市立丹後中の卒業式が14日あり、3年1組の馬場真澄さん(15)が級友とともに巣立った。化学物質過敏症でほとんど学校に通うことができなかったが、卒業までの数日間はテレビ電話を通し、自宅で級友と同じ授業を受けた。式後の最後のホームルーム(HR)では「友達がいることがうれしい。優しくしてくれてありがとう。みんなのことは心の中に大切にしまっておきます」と級友に感謝した。【塩田敏夫】

 化学物質過敏症はわずかな物質にも反応し、頭痛や吐き気などさまざまな体調不良を起こす。馬場さんは体育…

この記事は有料記事です。

残り517文字(全文762文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  3. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  4. ムシに学んだ高精細印刷 インキ不要、安価に発色 京大グループ開発
  5. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです