ライチョウ一般公開始まる 上野動物園など

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 国の特別天然記念物で絶滅危惧種のニホンライチョウを非公開で人工飼育してきた上野動物園(東京都台東区)は15日から、飼育中の雄1羽について一般公開を始めた。動物園や博物館での公開は2004年以来、15年ぶり。環境省などは保護増殖事業を進め、17年以降、飼育数が29羽と順調に増えたことから公開を決めた…

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文375文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集