メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「政治家と若者が議論」アプリ開発 鎌倉のベンチャー「10万人集めたい」

「PoliPoli」(ポリポリ)代表取締役の伊藤和真さん=2018年7月11日、根岸基弘撮影

 「政治と若者の距離を近づけたい」。そんな願いから、一つのアプリが生まれた。鎌倉市に本社を置くベンチャー企業「PoliPoli」(ポリポリ)は昨年夏、政治家と有権者が議論できるアプリの試作版を発表。その後半年で約1万人のユーザーを集め、現在は政治家約300人の参加を実現した。代表取締役の伊藤和真さんは「参院選までに10万人のユーザーを集めたい」と目標を語る。【堀和彦】

 同社の主力事業は、社名と同じアプリ「PoliPoli」の開発だ。登録ユーザー同士が暮らしやまちづく…

この記事は有料記事です。

残り628文字(全文863文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 埼玉の養豚場で殺処分開始 台風の影響でずれ込む 豚コレラ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです