メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

透析中止 学会調査委の調査始まる 公立福生病院

東京都による立ち入り検査が行われた公立福生病院=東京都福生市で2019年3月6日、宮武祐希撮影

 公立福生病院(東京都福生市)の人工透析治療を巡る問題で、専門医らでつくる「日本透析医学会」(理事長=中元秀友・埼玉医大教授)の調査委員会が15日午後、病院の調査を始めた。透析治療をやめる選択肢を提示された腎臓病患者の女性(当時44歳)が昨年亡くなった問題などについて事情を聴き、末期的な容体に限定した学会のガイドラインから逸脱したとみて調べている。

 学会が7日に設置した「毎日新聞の記事に対する調査委員会」は土谷健・東京女子医大教授が委員長を務め、…

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文562文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです