メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

「王子様」改名 キラキラネームなぜ? 鎌倉時代でも問題視

名前の変更を許可する審判結果を記した甲府家裁の文書=赤池さんのツイッターから

 18歳の高校3年の男子生徒が、親に付けられた「王子様」という名前を改めたいと甲府家庭裁判所に申し立て、今月5日に認められた。男子生徒は経過をツイッターに投稿、大きな反響を呼んだ。奇抜な名前は「キラキラネーム」と呼ばれ、以前から話題になっているが、この問題、実は大昔からあり、鎌倉時代にも問題視されていた。親はなぜ「キラキラネーム」を子に付けるのか。【和田浩幸/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り3046文字(全文3240文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです