メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

B型肝炎訴訟で請求棄却 大阪地裁、「除斥期間経過」と判断

 幼少期の集団予防接種でB型肝炎ウイルスに感染し、19歳で肝硬変と診断された兵庫県の男性(47)が、国に約3740万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁は15日、請求を棄却した。菊地浩明裁判長は、賠償を求めることができる権利が消滅する民法の除斥(じょせき)期間(20年)が経過していると判断した。男性は控訴する方針。

 弁護団によると、除斥期間を巡って争われているB型肝炎訴訟は全国で100件以上あり、判決は2例目。福…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  4. USJ年間パス、帰省費を補助…保育士不足に大阪市が奇策
  5. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです