メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

B型肝炎訴訟で請求棄却 大阪地裁、「除斥期間経過」と判断

 幼少期の集団予防接種でB型肝炎ウイルスに感染し、19歳で肝硬変と診断された兵庫県の男性(47)が、国に約3740万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁は15日、請求を棄却した。菊地浩明裁判長は、賠償を求めることができる権利が消滅する民法の除斥(じょせき)期間(20年)が経過していると判断した。男性は控訴する方針。

 弁護団によると、除斥期間を巡って争われているB型肝炎訴訟は全国で100件以上あり、判決は2例目。福…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文606文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定 特賞は東京五輪の開会&閉会式ペア券など

  2. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  3. 女子シングルス・美誠敗れ3冠逃す、ひな初優勝 男子・宇田初優勝 全日本卓球

  4. 拝啓 ベルリンより ベビーカーでの外出ってこんなに気楽だったっけ?

  5. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです