メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「20代からコカインや大麻使用」 ピエール瀧容疑者が供述

移送されるピエール瀧容疑者(中央)=東京都千代田区で2019年3月13日午前3時24分、長谷川直亮撮影

 ミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)が麻薬取締法違反容疑で逮捕された事件で、「20代のころからコカインや大麻を使っていた」などと供述していることが、捜査関係者への取材で明らかになった。厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部は瀧容疑者が常習的に薬物を使っていたとみている。 

 瀧容疑者は12日に東京都内かその周辺でコカインを使用したとして逮捕された。世田谷区内の自宅からコカインは発見されなかったが、ストロー状に巻かれた外国紙幣が押収された。吸引に使ったとみられる。【安藤いく子】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「4回転半は試合で飛ばないと意味ない」羽生結弦の一問一答(下)
  5. 「今、一番したいのは練習」羽生結弦の一問一答(上)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです