大阪大元准教授、地震論文5本で不正 17本の判定を留保

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見で頭を下げる大阪大の八木康史副学長(右から2人目)と田中敏宏・同大大学院工学研究科長=大阪府吹田市で2019年3月15日午後4時49分、小出洋平撮影
記者会見で頭を下げる大阪大の八木康史副学長(右から2人目)と田中敏宏・同大大学院工学研究科長=大阪府吹田市で2019年3月15日午後4時49分、小出洋平撮影

 大阪大は15日、大学院工学研究科に所属していた秦吉弥・元准教授(故人)らの研究チームの論文5本で、捏造(ねつぞう)や改ざんの研究不正があったと発表した。熊本地震(2016年4月)と東日本大震災(11年3月)で、自ら設置した地震計で観測したとするデータが他の機関のデータを加工したものだったなどと認定した。阪大は「長期かつ多数行われており、悪質度は極めて高い」としている。

 阪大によると、17年9~12月に元准教授の論文44本に疑義を指摘する申し立てがあった。予備調査を経て、疑義が残る22本について、18年2~12月に調査委員会で調査した。

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文728文字)

あわせて読みたい

注目の特集