北海道消防協会職員が不正経理、7000万円を着服

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 消防団員や消防職員でつくる公益財団法人「北海道消防協会」(札幌市、平井勇光会長)は15日、経理担当の40代の男性職員が協会の銀行口座から約7000万円を引き出し、着服していたと発表した。金額は膨らむ可能性があり、引き続き調べる。協会は職員の懲戒免職処分を決め、近く刑事告発する方針。

 協会によると、この職員の事務処理に不適切な部分…

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文416文字)

あわせて読みたい

ニュース特集