メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

児童の誤解答をインスタに 「面白かった」コメントも

 大分県宇佐市教育委員会は15日、20代の市立小学校の女性臨時講師が、児童が間違えた国語の解答を写真共有アプリ「インスタグラム」に投稿していたと発表した。「面白かった」とコメントも付けていた。

 市教委によると、臨時講師は3月8日と10日、宿題で出した問題の誤解答を掲載。物語の登場人物の行動目的を答えさせる問題と、漢字の書き取りの答えの写真に「書きたいことは、すっごい伝わる」などとコメントしていた。児童の名前は入っていなかった。

 子どもの解答が投稿されていたことに気付いた保護者が、不快だと学校に申し出て発覚した。(共同)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  3. 名古屋・栄地区活性化に 情報発信スポット「S.Core」開設へ 松坂屋
  4. 盛岡大付が延長サヨナラ 21世紀枠石岡一、最後に力尽きる
  5. 特集ワイド ノーベル賞さえ取引材料? トランプ氏「安倍首相に推薦された」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです