特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

星稜VS履正社、好投手擁する強豪対決に センバツ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大会旗を囲み、互いの健闘を誓い合う各校の主将たち=大阪市北区の毎日新聞大阪本社で2019年3月15日午前9時51分、小松雄介撮影 拡大
大会旗を囲み、互いの健闘を誓い合う各校の主将たち=大阪市北区の毎日新聞大阪本社で2019年3月15日午前9時51分、小松雄介撮影

第91回選抜高校野球大会抽選会

 3季連続出場で優勝候補の星稜は、過去5年間で準優勝2回の履正社との強豪対決になった。主将・山瀬は「強豪に当たっちゃったなという感じ。でも、初日に合わせて調整してきたので悪くはない」と前向き。8強に入った前回は初戦最後の登場で、次戦以降が連戦になっただけに、試合間隔に余裕のある組み合わせにホッとした様子だった。星稜は右腕・奥川、履正社は左腕・清水と好投手を擁しており、星稜・林監督と履正社・岡田監督は「ロースコアの接戦になる」と口をそろえた。履正社の主将・野口は「奥川投手は完璧に近い。球を見ていくと簡単に追い込まれるので、積極的に振っていきたい」と攻略策を練っていた。

次に読みたい

あわせて読みたい