メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪終電時間、最大1時間半繰り下げる 東京都と組織委合意

2020年東京五輪期間中に終電時刻を繰り下げる首都圏の路線図=東京都提供

 2020年東京五輪の円滑な観客輸送に向け、東京都と大会組織委員会は15日、首都圏の鉄道19事業者と大会期間中(7月24日~8月9日)の終電時間を現行より約30分~約1時間半繰り下げることで合意したと発表した。対象は約60路線(約1000駅)を予定しており、詳細なダイヤは来春公表する予定。

 組織委などは4月以降に五輪の入場券が販売開始となることを見据え、各事業者と調整を進めてきた。バレーボールが行われる有明アリーナ(東京都江東区)など8会場の競技で終了時刻が午後11時以降に設定されており、観客の公共交通機関の確保が課題とされてきた。

 対象は、終了が深夜帯に及ぶ競技会場最寄り駅を抱える路線や、都心のJR山手線や東京メトロ、また都心駅から首都圏郊外へとつながる各私鉄など。新宿や池袋など主要駅を結ぶ山手線は最大90分の繰り下げを予定しており、午前2時過ぎまで運行することになる。

この記事は有料記事です。

残り512文字(全文903文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  2. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  3. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  4. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  5. 奈良の感染者の26% コーヒーの香り、カレーの味分からず 発熱から数日後

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです