メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

佐々木蔵之介が「浜村淳」演じる 若き日々と命名の謎は… MBSラジオドラマ

MBSラジオのドラマスペシャル「浜村淳青春物語」で浜村さん役を演じる佐々木蔵之介さん(中央)と、出演者の皆さん=MBS提供

 関西では誰もが知ってる人、そして関西の朝を伝え続ける番組……。浜村淳さんの話芸がたっぷりな、関西を代表するラジオの長寿番組、MBSラジオ「ありがとう浜村淳です」(月~土・午前8時)が4月に放送開始45年を迎える。これを記念して浜村さんの半生を描いたラジオドラマ「浜村淳青春物語」が放送されることになった。浜村さん役は、同じ京都出身で、もちろん「ありがとう……」もよく知っている、佐々木蔵之介さんが演じた。佐々木さんが「浜村節」をどう演じるかも聴きどころの一つだ。

 浜村さんは1935(昭和10)年生まれの84歳。京都市生まれで、同志社大時代は京都のジャズ喫茶「ベ…

この記事は有料記事です。

残り821文字(全文1103文字)

油井雅和

東京生まれ。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アニメ「エヴァンゲリオン」制作会社に放火予告 容疑で岡山の無職男逮捕

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです