メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若松孝二とその時代

(20)佐野史郎さんインタビュー 「若松監督も、唐さんも包容力があった」

 若松孝二監督作品の出演者が時代とともに変わるのは当然としても、強烈な印象を残す役者はそういるものではない。「キスより簡単」(1989年)を皮切りに、遺作となった「千年の愉楽」(2013年)まで数多くの作品に出演した佐野史郎さんもその一人だ。連載「若松孝二とその時代」第20回は、若松監督が信頼を置いてやまなかった名バイプレーヤーのインタビューをお届けしたい。若松作品で主演は数本だけだが、その存在感は作品を側面から支えていた。佐野さんが状況劇場のメンバーになった80年から30年以上に及んだ若松監督との交友歴をたどってゆくと、状況劇場を主宰した唐十郎さんとの深い交わりもくっきりと浮かび上がってくるのだった。話を聞くうちに、60、70年代の新宿かいわいで深夜、「若ちゃん」と親愛の情を込めて呼んだという佐野さんと若松監督の会話の一端が今にも聞こえてきそうな気がした。【鈴木隆】

この記事は有料記事です。

残り4814文字(全文5203文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 武漢滞在の日本人にチャーター機準備へ 新型肺炎で政府

  2. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  3. 亡き2人にささげる初優勝 徳勝龍、恩師は近大時代の監督と北の湖

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです