メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
若松孝二とその時代

(20)佐野史郎さんインタビュー 「若松監督も、唐さんも包容力があった」

 若松孝二監督作品の出演者が時代とともに変わるのは当然としても、強烈な印象を残す役者はそういるものではない。「キスより簡単」(1989年)を皮切りに、遺作となった「千年の愉楽」(2013年)まで数多くの作品に出演した佐野史郎さんもその一人だ。連載「若松孝二とその時代」第20回は、若松監督が信頼を置いてやまなかった名バイプレーヤーのインタビューをお届けしたい。若松作品で主演は数本だけだが、その存在感は作品を側面から支えていた。佐野さんが状況劇場のメンバーになった80年から30年以上に及んだ若松監督との交友歴をたどってゆくと、状況劇場を主宰した唐十郎さんとの深い交わりもくっきりと浮かび上がってくるのだった。話を聞くうちに、60、70年代の新宿かいわいで深夜、「若ちゃん」と親愛の情を込めて呼んだという佐野さんと若松監督の会話の一端が今にも聞こえてきそうな気がした。【鈴木隆】

この記事は有料記事です。

残り4814文字(全文5203文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです