メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

南アで逃げ出したライオン、留置場で一時保護される

 3月14日、南アフリカで、国立公園から逃げ出した若いオスのライオンが、1カ月近くたって警察に保護され、留置場で一晩を過ごした。警察当局によると「ライオンの留置場入りは世界初」だという。写真はケニアのナイロビ国立公園を歩くメスのライオン。2017年1月23日撮影(2019年 ロイター/Thomas Mukoya)

[PR]

 [ケープタウン 14日 ロイター] - 南アフリカで、国立公園から逃げ出した若いオスのライオンが、1カ月近くたって警察に保護され、留置場で一晩を過ごした。警察当局によると「ライオンの留置場入りは世界初」だという。

 このライオンは2歳前後とみられ、同国南部カルー国立公園のフェンスの穴から逃亡していた。捕獲後、ヘリコプターで移送され、サザーランド警察署の留置場に入れられたという。その後、公園に戻された。

 警察によると、当日の晩は幸運にも、留置場に人間の収容者はいなかった。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  5. 阪急宝塚線 急行にひかれ男性死亡 9万4000人影響 大阪・豊中

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです