メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

南アで逃げ出したライオン、留置場で一時保護される

 3月14日、南アフリカで、国立公園から逃げ出した若いオスのライオンが、1カ月近くたって警察に保護され、留置場で一晩を過ごした。警察当局によると「ライオンの留置場入りは世界初」だという。写真はケニアのナイロビ国立公園を歩くメスのライオン。2017年1月23日撮影(2019年 ロイター/Thomas Mukoya)

 [ケープタウン 14日 ロイター] - 南アフリカで、国立公園から逃げ出した若いオスのライオンが、1カ月近くたって警察に保護され、留置場で一晩を過ごした。警察当局によると「ライオンの留置場入りは世界初」だという。

     このライオンは2歳前後とみられ、同国南部カルー国立公園のフェンスの穴から逃亡していた。捕獲後、ヘリコプターで移送され、サザーランド警察署の留置場に入れられたという。その後、公園に戻された。

     警察によると、当日の晩は幸運にも、留置場に人間の収容者はいなかった。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
    2. 西山さん「無罪判決もらえるよう、頑張る」 滋賀患者死亡・再審確定
    3. 除染土使用に反発「安全なら五輪に」 福島・常磐道の沿線住民
    4. 頼みのバッハ会長が水面下で「NO」突きつけ…JOC竹田会長は「詰んでいた」
    5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです