メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

ヴォルフスブルク電撃退任のラッバディア監督…日本や海外も新天地候補?

情報提供:サッカーキング

昨年2月からヴォルフスブルクを率いているラッバディア監督 [写真]=Bongarts/Getty Images
 昨年2月にヴォルフスブルクの監督へと就任し、入れ替え戦の末にブンデスリーガ1部残留を達成すると、今シーズンの前半戦を5位で終えるなど、チーム状況を好転させたブルーノ・ラッバディア監督。しかし、今シーズン限りとなっている契約の満了とともに退団することを表明した。

 ドイツ誌『kicker』日本語版は15日、ラッバディア監督の今後について報道。「行き先については、今のところはまだ不透明なままとなっている」と前置きしつつ、ドメニコ・テデスコ監督を解任したシャルケが新天地候補の一つと伝えた。さらに、日本や中国のクラブともコンタクトをとっているという。

 ラッバディア監督は「特にこれといったものがあるわけではないよ。私は決して気の緩みをもつことなくシーズンに臨みたい。良い結果を出したい。意欲的なんだ。今の流れを継続していくこと。そして礎を構築していくこと。それが私の望みなんだ」と、ヴォルフスブルクでの今シーズンの残り期間に集中する意向を強調している。

【関連記事】
【みんなで投票】コロンビア戦&ボリビア戦で活躍を期待する日本代表メンバーは誰?
ジダンのレアル電撃復帰で“得する選手”、“損する選手”は?
商売上手なクラブはいくらの利益を出してる? ベスト11を組んで検証してみた![アヤックス編]
あなたは知ってた? 実は血縁関係にある世界のサッカー選手たち

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 災害時…電気、ガス、水が乏しくてもポリ袋で簡単調理

  3. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  4. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです