メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読む写真

Photo 発電パネル再生、道険し

 バリバリと音を立て機械を通ったシートからガラス片がはがれ落ち、じゅうたんのように折り重なっていく。全国でも数少ない太陽光発電パネル専用のリサイクルラインを持つ「リサイクルテック・ジャパン」社(名古屋市港区)の工場でパネルが解体・分別されていく。

 国内に敷設されている太陽光発電パネルは世界3位の推計460万トン以上。環境省によると、処分される使用済みパネルは年間2000トンだが、2020年代半ばには約1万トンに。12年の再生可能エネルギー固定価格買い取り制度の…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文580文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  3. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  4. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  5. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです