メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地下鉄サリン事件

20日で24年 「被害者、置いてけぼり」 重い障害残る妹、介護する兄

妹の幸子さんが自宅で使っていた車いすと、床ずれ防止の枕を前に、近況を語る浅川一雄さん=埼玉県内で2019年3月9日、手塚耕一郎撮影

 13人が死亡、6000人以上が負傷したオウム真理教による地下鉄サリン事件(1995年)から20日で24年。浅川一雄さん(59)の妹幸子(さちこ)さん(55)は重い障害を抱え、意思疎通も難しい。昨夏、同事件などに関与した教祖の松本智津夫(麻原彰晃)元死刑囚ら13人全員の死刑が執行され、加害の中心的存在はこの世にいない。だが、浅川さんと幸子さんの苦しみは今も続いている。【川名壮志】

 昨年7月6日。職場にいた浅川さんは報道機関からの取材で死刑執行のニュースを知った。事件から四半世紀…

この記事は有料記事です。

残り1050文字(全文1291文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 特別支援学校の34歳教諭逮捕 小学生男児に強制性交容疑
  4. 男性から男児の性的被害、トラウマ深刻 元特別支援学校の教諭逮捕
  5. 教祖なき後に 地下鉄サリン事件24年/中 「神格化」警戒は続く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです