メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウミガメ

国内初、放流後再発見 鹿児島・屋久島→岩手 NPO生態調査

屋久島でふ化し、岩手県大槌町の大槌湾で見つかったアカウミガメ。甲長約60センチまでに成長した=東京大大気海洋研究所・国際沿岸海洋研究センター提供

 鹿児島県屋久島町で絶滅危惧種のウミガメ保護に取り組むNPO法人「屋久島うみがめ館」は、2008年に屋久島で放流されたアカウミガメが、岩手県の大槌湾で見つかったことを明らかにした。同館は生態調査のために1999年から計1万256匹の子ガメに個体識別用マイクロチップを埋め込んで放流してきたが、国内で再発見されたのは初めて。「得られたデータは貴重で長年の努力が実った」と喜んでいる。

 見つかったのは、08年8月に屋久島西部の永田浜でふ化した後にマイクロチップ(長さ1センチ、直径1ミ…

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文589文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです