メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

錦絵新聞

140年前発行 館山市博物館特別展で展示 事件の絵描き解説文付け売り出す /千葉

 約140年前、東京日日新聞(毎日新聞の前身)が発行した錦絵新聞第431号が館山市館山の市立博物館で開催中の特別展「房州と江戸・東京」で展示されている。

 夕闇迫る午後7時過ぎ、隅田川に架かる永代橋から若い女性が川に投げ込まれた。通りかかった屋形船の船乗りたちが救い上げ、一命をとりとめた。女性は京橋の商家で奉公していた館山出身の小柴ゆすさん(17)。所用で深川に出かけた帰り道、40歳ぐらいの男に橋の上でつかまり、懐の現金を盗まれた上、川に突き落とされたことが分かった。

 錦絵新聞は当時の事件を、船乗りが女性を救出する錦絵とともにそう伝えている。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. 元徴用工訴訟 日本じらされ「法的措置」 政府間協議要請 外交問題化、誤算
  5. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです