メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なり手がいない・地方議会の行方

/2 佐久市 調査・研究の検討会議 報酬の改善も一助に /長野

「若手や女性が出にくい現実も」

 議員のなり手不足を巡る論議の中で、要因の一つに挙げられるのが議員報酬だ。昨年8月から議員報酬や定数に関する検討会議を設けた佐久市議会は、その職務に見合った額に報酬を改善をすることもなり手不足解消の一助になるのではと調査・研究をしている。

 佐久市の議員報酬は月額34万9000円だ。市町村合併後に新佐久市が発足した2005年以降、変わっていない。同市議会によると、報酬額は県内19市の中で11位、北信越69市の中では44位だった。

 この額は妥当なのかどうか。今年1月に全議員24人で討議した結果は、増額を求める意見が22人、現状維…

この記事は有料記事です。

残り792文字(全文1072文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
  2. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
  3. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  4. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  5. 両陛下、トランプ大統領夫妻を歓迎 皇居宮殿で会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです