伊豆シャボテン動物公園

レッサーパンダ館きょう開館 頭上を2頭がゆうゆう歩く /静岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 伊東市富戸の「伊豆シャボテン動物公園」が開園60周年を記念してレッサーパンダ館を新築、16日にオープンする。館内では徳島市生まれの3歳の雄「ヨモギ」と仙台市生まれの2歳の雌「コナツ」の2頭が、頭上に渡された木やはしごをのんびり歩く姿が見られる。カピバラの露天風呂のすぐそばで、ますます人気のエリアになりそうだ。

 レッサーパンダ館は広さ約160平方メートル。中村智昭園長によると、木登りの得意なレッサーパンダのために、5メートルの高さを確保した。館内では他に「カラフトフクロウ」なども飼育されている。

この記事は有料記事です。

残り173文字(全文423文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集