金剛山ロープウェイ

駅舎の壁強度低下、運休 /大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 千早赤阪村は15日、村営の金剛山ロープウェイの運行を当面の間停止すると発表した。運行再開は未定。昨年の大阪北部地震、台風21号などを受け実施した耐震診断の中間報告で、金剛山駅(山上の駅)駅舎のコンクリート壁の一部の強度が著しく低いことが判明、安全が確保できなくなったためとしている。

 村では5月末に予定される耐震診断の最終…

この記事は有料記事です。

残り89文字(全文251文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集