メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災8年

縁つなぎ、防災学ぶ 富田林・向陽台小、ふれあい祭りで支援 岩手・大槌町の人々と交流、体験を共有 /大阪

富田林市立向陽台小の「ふれあい祭り」で、被災地復興支援のためのバザーで物品販売や、募金活動をする児童たち=富田林市向陽台5で、森井ひとみ撮影

 富田林市立向陽台小学校(同市向陽台5)の6年生は今年度、東日本大震災の被災地・岩手県大槌町の人々の協力を得ながら、防災学習に取り組んできた。「当たり前の毎日を取り戻すために」との思いを胸に、2月16日には集大成として「ふれあい祭り」で、助け合いの気持ちを大きな声に乗せて被災地支援のバザーや募金への協力を呼びかけた。【森井ひとみ】

 テーマは「被災地と共に生きる方から学び、自分にできることを考えよう!」。6年生は1クラスしかなく、…

この記事は有料記事です。

残り603文字(全文819文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです