メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

島根のあした

’19統一地方選/5 観光立県 岐路に立つ振興策 回遊性の改善に鍵 /島根

足立美術館の日本庭園を見学するタクシー乗務員ら=島根県安来市古川町で、前田葵撮影

移動時間で新たなサービス

 出雲大社を筆頭に松江城や石見銀山といった観光資源に恵まれる島根県だが、観光客はむしろ減少傾向にある。県内の宿泊者数は出雲大社の大遷宮があった2013年の延べ約381万人をピークに5年連続で減り、昨年は同約365万人。特に日本海に浮かぶ隠岐諸島は冬場の観光誘客に課題を抱える。また他県の地方都市とのアクセスが向上する一方で島根県内の移動の不便さが浮き彫りになってきている。

 隠岐の島町の隠岐空港と伊丹空港(大阪)を結ぶ1日1往復の空路は毎年約3万6900人が利用する。昨年…

この記事は有料記事です。

残り1012文字(全文1260文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです