メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

笑顔あふれる読み聞かせ 田中宏さん、真備の子どもらに /岡山

田中宏さん(右)の読み聞かせに児童らの顔にも思わず笑みがこぼれる=岡山県倉敷市真備町上二万で、戸田紗友莉撮影

 読み聞かせのボランティアをしている東京都大田区の会社員、田中宏さん(50)が15日、昨年7月の西日本豪雨で甚大な浸水被害を受けた倉敷市真備町地区の保育園や児童クラブなど5カ所で絵本の読み聞かせをした。

 田中さんは「第8回読み聞かせボランティア大賞」で毎日新聞社賞(準賞)の受賞者。東日本大震災や熊本地震などの被災地で読み聞かせのボランティア活動を…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文435文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです