メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人事

県職員 1374人異動 豪雨復興、防災体制を強化 /広島

 県は15日、1374人の定期人事異動(4月1日付。出向・退職は3月31日付)を発表した。昨年7月の西日本豪雨からの復興や防災体制の強化を見据えた組織改正が特徴で、湯崎英彦知事は「創造的復興による県づくりを力強く推し進めるため体制を強化した」と述べた。

 危機管理部門では部長級だった危機管理監を局長級に格上げし、その下に「危機管理部長」と市町を体制支援する「市町防災体制強化支援担当」を新設。被災者の生活再建などを支援する「地域支え合い担当課長」を地域福祉課に、ため池の総合対策を担う「ため池・農地防災担当課長」を農業基盤課に設け、復興への陣頭指揮を執る。

 また4月からの外国人労働者受け入れ拡大に備え、部局を横断する「外国人材の受入・共生対策プロジェクト…

この記事は有料記事です。

残り1474文字(全文1802文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  3. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  4. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌
  5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです