メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

EU離脱延期、議会に委ね 下院可決 条件に合意案通過

 【ロンドン矢野純一】英下院(定数650)は14日夕(日本時間15日未明)、欧州連合(EU)からの離脱期限の3月29日を延期する政府の動議を賛成多数で可決した。21日から始まるEU首脳会議でEU側が承認すれば、延期は確実となる。延期をしてもメイ首相に打開策はなく、離脱の主導権を議会に預ける選択肢を模索し始めた。

 動議は賛成413、反対202で可決。離脱期限は最短で6月30日までの延期となる。

この記事は有料記事です。

残り626文字(全文823文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 初の「東京アラート」発令へ 感染再拡大の兆候 悪化なら休業再要請検討

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

  4. 青森市の61歳女性殺害容疑 同居の長男を逮捕

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです