メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プリズム

説明すればそれでいいのか=論説委員・野沢和弘

 治療中止を選択肢として患者に示すことは悪くないという意見がある。一般論としては理解できるが、抑うつ神経症を発症し、自殺を図ったことがある患者に対してはどうなのだろう。

 インフォームドコンセント(十分な説明に基づく同意)を得ているからいいという意見もある。医師にとっては「十分な説明」かもしれないが、死ぬのは患者である。十分かどうかを医師が判断するという考えはどうなのだろうか。

 公立福生病院で医師が腎臓病の女性に人工透析治療をやめる選択肢を示し、中止を選んだ女性が1週間後に死亡したことについて、医療関係者の間でさまざまな議論が起きている。

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文597文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 痴漢 電車扉付近は注意 被害の9割集中 ポスター・女性専用車…警察・交通機関、対策に懸命

  3. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  4. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  5. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです