メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プリズム

説明すればそれでいいのか=論説委員・野沢和弘

 治療中止を選択肢として患者に示すことは悪くないという意見がある。一般論としては理解できるが、抑うつ神経症を発症し、自殺を図ったことがある患者に対してはどうなのだろう。

 インフォームドコンセント(十分な説明に基づく同意)を得ているからいいという意見もある。医師にとっては「十分な説明」かもしれないが、死ぬのは患者である。十分かどうかを医師が判断するという考えはどうなのだろうか。

 公立福生病院で医師が腎臓病の女性に人工透析治療をやめる選択肢を示し、中止を選んだ女性が1週間後に死亡したことについて、医療関係者の間でさまざまな議論が起きている。

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文597文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです