全人代2019

少子高齢化に危機感 首相「育児・介護を拡充」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【北京・河津啓介】中国の李克強首相は15日、全国人民代表大会(全人代=国会)閉会後の記者会見で、急速に進む少子高齢化への危機感をあらわにした。李氏は政策や社会基盤が「需要に追いついていない」と認め、介護や育児サービスの拡充を約束した。

 中国メディアから「身近な暮らしの問題」への対応を問われ、李氏は真っ先に少子高齢化対策を挙げた。「中国の65歳以上は1億7000万人、6歳以下の児童は1億人を超える。大多数の家庭に関係する問題だが、サービスが不足してい…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文572文字)

あわせて読みたい

注目の特集