メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日銀

決定会合 景気認識、半歩後退 海外減速が影響 超低金利維持

記者会見で説明する黒田東彦・日銀総裁=東京都中央区で15日、後藤豪撮影

 日銀は15日の金融政策決定会合で、超低金利政策の継続を決めた。景気減速が鮮明になる中、日銀に対する追加緩和の期待は高まりつつあるが、有効な策は持ち合わせておらず、海外経済の持ち直しに期待するしかないのが実情だ。【土屋渓】

 「欧州、中国の減速が日本の輸出、生産に影響を与えているが、設備投資や消費は堅調。緩やかな回復が続くという見方で正しい」。決定会合後の記者会見で、黒田東彦総裁は先行きについて強気の見方を繰り返した。

 日銀が試算する1月の実質輸出は前月比5・2%も減り、鉱工業生産指数も3・7%低下した。米中貿易摩擦…

この記事は有料記事です。

残り1013文字(全文1273文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  4. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  5. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです