メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日銀

決定会合 景気認識、半歩後退 海外減速が影響 超低金利維持

記者会見で説明する黒田東彦・日銀総裁=東京都中央区で15日、後藤豪撮影

 日銀は15日の金融政策決定会合で、超低金利政策の継続を決めた。景気減速が鮮明になる中、日銀に対する追加緩和の期待は高まりつつあるが、有効な策は持ち合わせておらず、海外経済の持ち直しに期待するしかないのが実情だ。【土屋渓】

 「欧州、中国の減速が日本の輸出、生産に影響を与えているが、設備投資や消費は堅調。緩やかな回復が続くという見方で正しい」。決定会合後の記者会見で、黒田東彦総裁は先行きについて強気の見方を繰り返した。

 日銀が試算する1月の実質輸出は前月比5・2%も減り、鉱工業生産指数も3・7%低下した。米中貿易摩擦…

この記事は有料記事です。

残り1013文字(全文1273文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです