メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊藤忠

TOB成立 持ち株40%、デサント経営陣刷新視野

 伊藤忠商事は15日、スポーツ用品大手のデサントに対する株式の公開買い付け(TOB)が成立したと発表した。伊藤忠の持ち株比率は約30%から40%に上昇する。株主総会で重要事項の拒否権を行使できる「3分の1超」の株式を確保することで、伊藤忠の影響力は一段と増す。今後は、石本雅敏社長を含むデサント経営陣の刷新を視野に協議が進む見通しだ。

 経営方針の対立をきっかけに伊藤忠は1月31日、デサント株のTOBを開始。敵対的TOBとなり、大きな…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  4. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  5. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです