メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集

紙面もネットも「デジタル毎日」 パソコン、スマホ、タブレットで 宅配購読者は無料で使える

 春は入学や進学、就職など新生活を迎える人が多い季節。新しい生活に毎日新聞の「デジタル毎日」を活用しませんか。宅配購読者の方がデジタル毎日の会員登録をすると、追加料金なしで新聞をデジタル紙面で読むことができます。また、ウェブにしかない独自の記事も読めます。会員登録をして「デジタル毎日」の各種記事をお楽しみください。

    5端末利用可、家族で楽しめる 紙面そのまま、自在に拡大

     ■メールアドレスで登録

     会員登録がまだの方は、左記事の「サイトで簡単登録」を参考に、メールアドレスを「毎日ID」として登録してください。毎日IDはパソコンの他、使い勝手のよい専用アプリをインストールしたスマートフォンやタブレット端末で最大5台まで同時に使えます。ご家族の方が家庭や職場、学校などそれぞれの場所で楽しむことができます。

     登録が済んだら、ニュースサイトを開き、ログインします。パソコンの場合で説明していきます。右上の「ログイン」の文字をクリックし、登録した毎日IDでログインしてください。まずは新聞をデジタル紙面で読む場合です。画面上部の青い帯の右端にある「デジタル紙面」をクリックします。上から朝刊(東京、大阪、西部、中部、北海道)、夕刊(東京、大阪、西部、中部)、日曜版、号外、全国の地域面などが並んでいます。画像や各都道府県名をクリックするとデジタル紙面(朝夕刊は1週間分)が開きます。地域面は、沖縄を除く46都道府県の当日の紙面が楽しめます。デジタル紙面なので文字を拡大して読めます。文字が小さくて読みづらい方はぜひ、この機能をお使いください。上部のメニューバーで大きさを自分好みに調整できます。下段の「次へ」「前へ」をクリックすることで新聞を繰るようにページを選ぶことができます。その横の丸を左右に動かしてページを選ぶことも可能です。

     ■スマホはアプリで

     スマホやタブレットで紙面をお楽しみいただくためには「App Store」か「Google Playストア」で専用アプリ「毎日ビューアー」を検索してダウンロードしてください。使い方はパソコンの場合とほぼ同じですが、アプリ独自の機能もあります。メニュー表示から紙面一覧や、記事一覧を見ることができます。「お気に入り」に単語を登録して記事一覧を開くと、登録した単語を含む記事が色付けされます。また、記事を選んでスクラップすることもできます。

     ウェブだけに掲載されている豊富な独自記事も読むことができます。「政治プレミア」「経済プレミア」「医療プレミア」では、各界の専門家や政治家、専門記者が執筆。質の高い情報をお届けしています。宅配購読者は読み放題です。

    五輪500日前の12日にオープンした東京五輪・パラリンピックの特集ページ「ALL FOR 2020 東京へともに歩む」

    東京五輪へ一歩ずつ 気持ち込め特集ページ ALL FOR 2020 東京へともに歩む

     2020年東京五輪開幕まで残り500日を切りました。それに合わせ、五輪・パラリンピックに向けた特集ページ「ALL FOR 2020 東京へともに歩む」(https://mainichi.jp/allfor2020)を開設しました。東京2020大会のオフィシャル新聞パートナーとして、大会を築き上げるすべての人たちと共に、その日を目指す気持ちを込めています。

     アスリートや大会を支える人たちのストーリー「Together」、著名人に熱意や期待、記憶を尋ねるインタビュー「東京・わたし」、「オリパラこぼれ話」など読みごたえたっぷりの構成です。開幕カウントダウンとともにどうぞお楽しみください。


    センバツが行われる阪神甲子園球場=兵庫県西宮市で、本社ヘリから三村政司撮影

    「センバツLIVE!」でライブ配信

     第91回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)が23日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕します。毎日新聞は今年も毎日放送と共同で、全試合を公式サイト「センバツLIVE!2019」(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/)でライブ配信します。15日には組み合わせも決まり、夢の舞台・甲子園に全国から集った高校球児たちが繰り広げる31の熱戦を、パソコンやスマートフォンで、いつでもどこでも無料でお楽しみいただけます。今年は、「Yahoo!JAPAN」運営のスポーツ情報総合サイト「スポーツナビ」(https://sports.yahoo.co.jp)でも同時配信します。

     公式サイトには大会に関する情報も盛りだくさん。練習に熱が入る各校の様子を伝える記事のほか、「平成」を振り返る企画、王貞治さんや松井秀喜さんら名選手のセンバツでのプレーを振り返る写真特集なども掲載しています。今年も「春はセンバツから」。どうぞご期待ください。


    サイトで簡単登録

     紙の新聞とデジタルを両方楽しむためには「宅配購読者向けのプラン」にご登録ください。パソコン(PC)、タブレット、スマホのいずれでも簡単に手続きできます。

     毎日新聞のニュースサイト(https://mainichi.jp/)の画面右上にある「デジタル毎日申し込み」の文字をクリックし=写真<1>、開いた「デジタル毎日総合案内」ページで右下の「デジタルと紙の新聞両方楽しみたい方はこちら」=同<2>=から、無料プランかプレミアムプランかを選択して、「お申し込みはこちら」に進んでください=同<3>。毎日IDをお持ちの方はログインして、まだの方は「毎日IDを登録」画面=同<4>=にメールアドレスとパスワードを入力して、登録ボタンをクリックします。「登録確認メールを送信しました」の画面=同<5>=が出たら、手続きを進めてください。


     タブレットやスマホの方は、二次元コードから「デジタル毎日」案内ページにアクセスできます。

    お問い合わせは

    愛読者センター 0120・949・528

    携帯電話・PHS050・5855・1410

    平日午前10時~午後5時(土日祝日は除く)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
    2. 金融庁、わずか10日で削除「年金の水準が当面低下」などの表現
    3. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
    4. 「香港人はあきらめない」 デモ参加の「民主の女神」周庭さん、東京で逃亡犯条例改正の撤回訴え
    5. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです